11月26日(木)は、勝央北小学校4年生と6年生を対象に行われました。

 

勝央北小学校4年生

4年生の回では、アーティストから「次の曲のタイトル『〇〇のように』の〇〇の中に入る言葉を、自分が作曲家になったつもりで、自由に考えてみてください!」という問いかけがありました。児童たちは、〇〇に入る言葉を考えながら、真剣に曲を聴いていました。アーティストからの「〇〇の中に思い浮かんだ言葉は?」という問いかけに対して、「ライオンのように」「風のように」「激しいのように」など、児童たちそれぞれが思い浮かんだタイトルを答えてくれました。
正解は「鳥のように」というタイトルでしたが、ただ曲を聴くだけではなく、照明や舞台の雰囲気を感じる事で、一人一人違った音楽の楽しみ方があるという事を学びました。
音の変化や手の動きなど、細かい所まで「目で見て楽しみ」「耳で聴いて楽しむ」ことができました。

 

 北小4年1 北小4年2

 北小4年3 北小4年4

 北小4年5 北小4年6

 

 

勝央北小学校6年生

 6年生の回では、大人気アニメの主題歌「紅蓮華」を演奏してもらいました。この曲は、児童からのリクエストにアーティストが応えてくれたものです。「最近、映画見た?」という問いかけに「鬼滅の刃を見たよ!」とほとんどの児童が答えてくれました。曲の途中、17絃の弦を弾いて「バチンッ!」と音を出す演奏方法にも驚いていました。演奏後「普段聴く曲とは、また違う雰囲気でかっこよかったかな?」というアーティストの呼びかけに大きく頷き、「すごかった!」「かっこよかった!」と児童たちは大興奮でした。
箏の演奏はもちろん、プロの照明・音響スタッフによる演出も楽しむ事ができました。演奏中、照明が変化するたびに、指をさしている児童もいました。ホールで開催するアウトリーチは児童たちにとって、とても貴重な経験になりました。

 

 北小6年1 北小6年2

 北小6年3 北小6年4

 北小6年5 北小6年6