特別展「文豪からの手紙 芥川龍之介と木村毅」の関連イベントとして、展覧会初日午後2時より 児童文学者の赤木かん子先生 による 文学へのアプローチに関するワークショップを開催します。

 

赤木かん子写真カット

いわゆる「文豪」たちが書いた「文学(ブンガク)」とは一体どのように読み解けば良いのか?
現在、サブカルチャーを中心に様々なメディアで取り上げられた「文豪」「文学」に関する書物(コミック等)を駆使して、かん子先生が目からウロコの「文学」を「読む」コツを皆さまに伝授いたします!是非、この講座で「文学」の世界に気軽に楽しくアプローチしてみませんか?
 
写真:Naoki Hirabayashi
 
 〇ワークショップ「文学を読むってこういうこと!」

【日時】11月17日(土)14:00~15:00
【会場】勝央美術文学館 町民ギャラリー2
【講師】赤木かん子(児童文学評論家)

【参加費】無料*但し、当日の入館料が必要です。

 *詳しくは、勝央美術文学館公式ホームページをご確認ください。    

 

      *こちらをクリック→勝央美術文学館ホームページ

pdfファイル「展覧会チラシ」をダウンロードする(PDF:1.8MB)

 

【お問い合わせ】勝央美術文学館
                      Tel. 0868-38-0270 
                      Fax. 0868-38-0260
                      Email: shoomuse@icloud.com

                      WEB:http://museum.town.shoo.lg.jp   Facebook  ツイッター