■手続き概要

20歳になって国民年金へ加入される場合は届け出てください。

■詳細内容

国内に住む20歳以上60歳未満の方は、老齢・退職年金受給者を除き、すべての国民年金(厚生年金・共済年金を含む)に加入しなければなりません。 

また、学生も20歳になったら国民年金への加入が義務付けられています。 

国民年金へ加入した場合は届け出てください。 

社会保険事務所より通知が届きますので、必要な書類に記入をして、提出してください。

■法令根拠

国民年金法

■必要書類

本人確認書類、印鑑

■手数料

無料

■受付期間

平日午前8時30分から午後5時00分まで 

■留意事項

加入の仕方・定義・保険料の納付 

 ○自由業・農林漁業・学生・無職等 

  国民年金の第1号被保険者は、毎月の保険料は各個人で納める必要があります。 

 ○会社員(厚生年金保険)・公務員(共済組合) 

  国民年金の第2号被保険者は、毎月の保険料は給料から引かれます。 

 ○会社員や公務員に扶養されている配偶者 

  国民年金の第3号被保険者は、第3号被保険者該当届出書を提出すれば保険料を納める 

  必要がなくなります。 

 

付加年金 

 ○第1号被保険者のためのプラス給金の制度で、付加保険料を上乗せして納めた月数に見 

  合う額が付加年金として老齢基礎年金に加算されます。 

 

任意加入:次のような方は、希望すれば国民年金に加入できます。 

 ○日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満の方。 

  (「老齢基礎年金」を受けていない方) 

 ○海外に住んでいる日本人。(20歳以上65歳未満の方) 

 ○65歳以上70歳未満の方で昭和30年4月1日以前に生まれた方で、老齢基礎年金の受給資 

  格を満たしていない方。

■申請届出様式

様式をダウンロードして印刷などが可能です。必要事項を記入の上、受付窓口に提出してください。

pdfファイル「加入」をダウンロードする(PDF:13kB)