バナー

pdfファイル「勝央町一時支援金チラシ(20210921時点)」をダウンロードする(PDF:296kB)

給付対象者

次のどちらかに該当する事業者

  1. 法人:令和3年4月1日時点で勝央町内に事業所を有して事業を行っている法人

  2. 個人事業者:令和3年1月1日時点で勝央町内に住民登録を有して事業を行っている者又は勝央町内に事業所を有して事業を行っている者

 

給付要件

本支援金受給後も事業を継続する意思を有する法人又は個人事業者であって、次の1から3のいずれかに該当すること

  1. 国の月次支援金の給付が決定した事業者

    7月分の申請期限は9月30日まで(登録確認機関での事前確認は9月27日まで)です。
    要件に該当し、まだ申請をされていない事業者の方は、お早めに事前確認申請を行ってください。申請方法等詳細は、下記リンク先よりご確認ください。

    月次支援金の詳細について(経済産業省ホームページへのリンク)



  2. 県の一時支援金(第二期以降)の給付が決定した事業者

    第二期の事前確認申請期限は9月30日までです。
    要件に該当し、まだ申請をされていない事業者の方は、お早めに事前確認申請を行ってください。申請方法等詳細は、下記リンク先よりご確認ください。

    県の一時支援金の詳細について(岡山県ホームページへのリンク)



  3. 1と2に該当せず、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、令和3年4月から9月までの期間のうち任意の連続する3か月(以下「対象期間」という。)の合計売上高が、その前年又は前々年の同期間(以下「比較期間」という。)の合計売上高と比較して20%以上減少している事業者で次の(1)及び(2)に該当する事業者

(1)比較期間の合計売上高が、法人は100万円以上、個人事業者は50万円以上あること

(2)個人事業者にあっては、令和2年分の事業収入が、当該事業収入以外の収入の合計を上回っていること(尚、「事業収入」とは、確定申告書第一表「収入金額等」の欄の「㋐営業等」または「㋑農業」の項目に該当する収入のことをいいます。)

要件3図解

 

ただし、上記要件のいずれかに該当した場合でも、以下の要件に該当する場合は給付対象外となります。

  • 法人税法(昭和40年法律第34号)別表第一に掲げる公共法人
  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第5項に規定する性風俗関連特殊営業又は当該営業に係る同条第13項に規定する接客業務受託営業を行う事業者
  • 政治団体
  • 宗教上の組織又は団体
  • 事業主又は役員が、勝央町暴力団排除条例(平成23年勝央町条例第8号。以下「暴排条例」という。)第2条第2号に規定する暴力団員に該当する事業者
  • 暴排条例第2条第3号に規定する暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有している事業者
  • 勝央町税及び上下水道料を滞納している事業者
  • 他市町村が実施する新型コロナウイルス感染症の感染拡大による事業継続を目的とした支援金等を受けた事業者又は給付を受ける予定がある事業者
  • 一時支援金の趣旨及び目的に照らして適当でないと町長が認める事業者

給付額

法人:20万円   個人事業者:10万円

※1事業者1回限り

※本支援金は課税対象となります。

 

申請方法

申請要領をご確認の上申請をしていただきますようお願いいたします。

pdfファイル「申請要領(20210921時点)」をダウンロードする(PDF:655kB)

【注意事項】

※確定申告書第一表の控えには収受日付印の押印(受付日時が印字)されていること。e-Taxによる申告の場合は「受信通知」を添付することが必要です。

※売上台帳等は、経理ソフトなどから抽出したデータ、手書きの売上帳など様式は問いません。(事業者名等、申請者のものとわかる情報が記載されているもの及び「令和〇年〇月」とどの月の売上かがわかる記載をしてください。)

※申請者が記載した申請内容(売上額等)について虚偽が判明した場合、 受給した支援金の返還を命じる場合があります。

※ご提出いただいた資料で給付要件をすべて確認できない場合は、追加資料の提出をお願いすることがございますのでご了承ください。

 

要件1または要件2で申請する場合

  項目

法人

個人事業者
(1) 申請書(様式第1号)

【エクセル様式】excelファイル「勝央町一時支援金交付申請書兼実績報告書兼請求書」をダウンロードする(XLSX:37kB)

【PDF様式】pdfファイル「勝央町一時支援金交付申請書兼実績報告書兼請求書」をダウンロードする(PDF:196kB)

【記入例】pdfファイル「記入例(要件1または要件2に該当する場合)」をダウンロードする(PDF:256kB)

(2) 事業実態を確認する書類

●直近の事業年度の確定申告書別表1の写し

●令和2年分の確定申告書第1表の写し

(3) 国の月次支援金又は県の一時支援金の給付が確認できる書類

●国または県から送付された給付通知書等の写し

(4) 支援金の給付先口座が確認できる書類

●通帳のおもて面と通帳を開いた1・2ページ目両方のコピー

※銀行名・支店番号・支店名・口座種別・口座番号・名義人を確認します。※令和2年度に実施した勝央町事業継続支援金、勝央町新型コロナウイルス感染症対策実践事業者補助金及び元気なまち復活応援券における支給口座と同じである場合は、(4)の提出を省略できるものとします。

(5) その他   ●事業者の本人確認書類の写し

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 要件3で申請する場合

  項目

法人

個人事業者
(1) 申請書(様式第1号)

【エクセル様式】excelファイル「勝央町一時支援金交付申請書兼実績報告書兼請求書」をダウンロードする(XLSX:37kB)

【PDF様式】pdfファイル「勝央町一時支援金交付申請書兼実績報告書兼請求書」をダウンロードする(PDF:196kB)

【記入例】pdfファイル「記入例(要件3に該当する場合)」をダウンロードする(PDF:256kB)

(2) 事業実態を確認する書類

●直近の事業年度の確定申告書別表1の写し

●令和2年分の確定申告書第1表の写し
(3) 対象期間の月間売上高がわかるもの

売上台帳等の月単位で収入が確認できるもの ※任意の連続する3ヶ月分

(4) 比較期間の月間売上高がわかるもの 

●比較期間が属する年度の確定申告書別表1の写し

●比較期間が属する年度の法人事業概況説明書(1枚目2枚目)の写し

※ただし、上記書類が(2)と重複する場合は、本添付書類を省略することが可能です。

比較期間が令和2年の場合

【青色申告者】
●令和2年分の所得税青色申告決算書の写し(1枚目2枚目

【白色申告者】
●売上台帳等の月単位で収入が確認できるもの

 

比較期間が令和元年の場合

【青色申告者】
●令和元年分の確定申告書第1表の写し

●所得税青色申告決算書の写し(1枚目2枚目

【白色申告者】
●令和元年分の確定申告書第1表の写し

●売上台帳等の月単位で収入が確認できるもの

(5) 支援金の給付先口座が確認できる書類  ●通帳のおもて面と通帳を開いた1・2ページ目両方のコピー※銀行名・支店番号・支店名・口座種別・口座番号・名義人を確認します。※令和2年度に実施した勝央町事業継続支援金、勝央町新型コロナウイルス感染症対策実践事業者補助金及び元気なまち復活応援券における支給口座と同じである場合は、(4)の提出を省略できるものとします。 
(6) その他   ●事業者の本人確認書類の写し

 

申請期間

令和3年9月21日(火)から令和4年1月31日(月)まで ※当日消印有効

 

申請方法・申請先

【郵送による申請】

申請書と必要書類を封筒に入れて提出してください。
封筒の表面に「勝央町一時支援金申請書在中」と朱書きしてください。
※郵送料は申請者負担となります。

〔郵送先〕
〒709-4316 勝田郡勝央町勝間田201 勝央町産業建設部 宛

 

【窓口での申請】

勝央町役場 産業建設部窓口 平日 9時~17時 (土・日・祝日を除く)