平成30年7月豪雨災害により農業用施設(農道や農業用水路など)が被災され、施設管理者などにより緊急に復旧対策を実施された場合、対策費用の一部を補助する制度の申請受付を開始します。

対象となる施設

 農道や農業用水路などの農業用施設で平成30年7月豪雨災害によって被災した箇所

対象者

2人以上で農業用施設を利用・管理している農業者又は施設の管理者

対策の例

1.損壊した水路を塩ビパイプでつないだり、仮設ポンプでの水替

2.土砂で埋まった水路の土砂撤去

3.路肩が崩れ通行不能となった農道路肩築直し

4.路面が洗掘され通れなくなった農道の路面補修 など

手続きの流れ

1.交付申請書(様式第1号)を提出【申請者⇒役場産業建設部】

※注意事項

1)「申請人」は、個人ではなく団体名(○○水利組合、○○管理組合など任意団体名称でかまいません。)で申請してください。

2)「交付対象経費」は40万円未満となります。

3)「交付申請額」と「うち交付金」は同額となります。なお、金額は「交付対象経費」に0.65を乗じた金額の千円未満を切り捨てた額となります。

 〈例〉交付対象経費が350,000円の場合

    350,000円×0.65=227,500円 ⇒227,000円

4)「緊急対策の実施内容」は記載例を参考に具体的に記入してください。

5)「添付書類」のうち写真は被災状況と緊急対策後の2枚程度でかまいません。複数枚ある場合は、申請書類提出時にご相談ください。

6)交付対象経費の内容が特定できる書類は、支払内訳がわかるもの(材料費、リース機材代金、請負工事費の内訳内容など)とします。場合によっては追加提出をお願いする場合があります。

7)領収書は原本を提出していただきます。(県審査終了後、お返しします。)

 

2.交付決定通知書の送付【役場産業建設部⇒申請者】

県審査終了後、「交付決定通知書」により交付決定額を申請者に通知します。

県審査で認められない経費があった場合、交付申請額を減額する場合があります。

 

3.交付金請求書(様式第3号)の提出【申請者⇒役場産業建設部】

交付決定通知書記載の交付決定額によりご請求いただきます。

お支払いは指定口座への入金となります。(平成31年3月頃を予定)

申請期限

平成30年10月31日(水)までに役場産業建設部へ交付申請書(様式第1号)を提出してください。

それ以降は、申請を受け付けることができませんので、ご了承ください。

申請書類等

wordファイル「 交付申請書(様式第1号)」をダウンロードする(DOCX:14kB)

wordファイル「交付金請求書(様式第3号)」をダウンロードする(DOCX:18kB)

pdfファイル「交付申請書(様式第1号)【記入例】」をダウンロードする(PDF:105kB)

pdfファイル「交付金請求書(様式第3号)【記入例】」をダウンロードする(PDF:75kB) 

wordファイル「参考様式)対策(施工)前後の写真」をダウンロードする(DOCX:15kB)

wordファイル「参考様式)領収書の写し」をダウンロードする(DOCX:16kB)

要綱

勝央町平成30年7月豪雨農業用施設災害復旧緊急対策事業交付金交付要綱