本町から発送する文書等については、従来から原則として元号を使用しています。新天皇の即位に伴い、「元号を定める政令」の施行により、5月1日からは新元号となる予定で、同日以後に町から発送する文書については、原則として新元号を用いることとします。

 しかし、納税通知書に記載する納期限などのように、事務処理の時期の関係から新元号の記載が間に合わない場合や、すでに発行済みの保険証や受給資格者証など、「平成」で表記しているものもあります。「平成」で表記した日付についても有効であり、法律上の効果は何ら変わることはありませんので、新元号の応当日に読み替えていただきますよう、ご理解ご協力をお願いいたします。