バナー

 勝央町は、「奇跡の牛 元気くん」を後世に伝え、これからも元気くんとふれあうことで多くの人に元気を与え続けてほしいとの想いから、「元気くんブロンズ像制作プロジェクト」を実施し、地域・教育・観光振興を図ります。
 「元気くんブロンズ像制作プロジェクト」では、奇跡を起こした当時の元気くんのかわいい表情や大きさを再現したブロンズ像を令和3年(丑年)に建立します。
 このプロジェクトに対して、町民の皆様、元気くんファンの皆様、勝央町・ノースヴィレッジを応援してくださる皆様から、寄附のご支援を賜りますようお願いいたします。

 pdfファイル「元気くんブロンズ像制作プロジェクトのお知らせ」をダウンロードする(PDF:1.0MB)

寄附について

寄附は、次のいずれかの方法により受付をいたします。

 

1 納付書(ふるさと納税)

 総務部窓口で申出いただき、寄附金納付後に領収書をお渡しします。
 (後日、寄附金受領証明書を送付いたします)

 

2 インターネット(ふるさと納税)

 次のURLにアクセスしてお申込みください。
 (ポータルサイト「ふるさとチョイス」ガバメントクラウドファンディング®専用ページ)
  https://www.furusato-tax.jp/gcf/778

 

 上記1、2の方法の場合、寄附額に応じて返礼品をお選びいただけます。(町外在住者の方に限ります)

 次のリストによりご確認ください。
 pdfファイル「元気くんブロンズ像制作プロジェクト返礼品リスト」をダウンロードする(PDF:397kB)

 

3 募金箱

 総務部その他窓口、ノースヴィレッジ入口設置の募金箱で募金を受け付けます。

 

寄附の目標金額は、700万円です。

奇跡の牛 元気くんについて

 元気くんは、生後6か月のときに、平成10年10号台風による吉井川流域の洪水に巻き込まれ、約90キロ流されながらも無事生還しました。
 また、生還後は、町施設ノースヴィレッジで21年間の長寿を全うしました。
 これらのことから、「奇跡の牛」として、災害に見舞われた方々等に元気・勇気・希望・感動を与えながら、多くの人に生命の尊さを考えさせてくれました。
 かわいい元気くんにまた会えるのを楽しみに待っていてください。

奇跡的に牧場に帰ることができた元気くん

元気くん子牛の頃

山陽新聞社提供  

 

バナー