~勝央町空き家診断事業費補助金~

 この制度は、空き家所有者様が空き家の耐震性や劣化の状況を県知事の登録を受けた「木造住宅耐震診断員」に診断してもらう費用の一部を補助することで、空き家の売却や賃貸借など有効活用による定住促進と流通を活性化することを目的としています。

  補助金申請をご検討の方は、必ず事前相談を行って下さい!

 1.対象となる方

 勝央町内に空き家を所有されている方を対象とします。

 2.対象となる空き家

 【耐震診断】

 次のすべてに該当する空き家が対象となります。

  1. 勝央町内にある一戸建ての木造住宅(店舗等の用途を兼ねるもの(店舗等の用に供する部分の床面積が延べ床面積の1/2未満のもの)を含む。)
  2. 昭和56531日以前に着工されたものであること
  3. 構造が丸太組工法、建築基準法の一部を改正する法律(平成10年法律第100号)による改正前の建築基準法(昭和25年法律第201号)第38条の認定工法以外の木造であるもの
  4. 地上階数が2以下のもの
  5. 居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの(概ね1年以上空き家となっているもの)
  6. 緊急輸送道路等沿道建築物に該当しないもの

 

 【劣化診断】

 次のすべてに該当する空き家が対象となります。

  1. 地上階数が2以下のもの
  2. 居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの(概ね1年以上空き家となっているもの) 

3.対象となる経費

 空き家の耐震性及び劣化の状況を把握するために木造住宅耐震診断員が実施する空き家診断及び調査に要する経費を対象とします。

 【昭和56年5月31日以前に着工されたもの】

 耐震診断等及び劣化診断

 【昭和56年6月1日以後に着工されたもの】

 劣化診断のみ

 ※「耐震診断等」とは、既存建築物の耐震診断、補強計画、計画後の耐震診断や既存設計図書の

  内容チェック及び現地調査、既存住宅性能表示制度に係る性能評価(一部)を行います。

 ※「劣化診断」とは、既存住宅インスペクション・ガイドライン(平成25年6月国土交通省作成)に則して

  行う既存住宅現況検査を行います。 

4.補助金額

 【耐震診断等及び劣化診断を行う場合】

 延面積200平方メートル以下の場合 128,000円(一般診断法による)

 延面積200平方メートル超300平方メートル以下の場合 136,000円(一般診断法による)

 延面積300平方メートル超400平方メートル以下の場合 144,000円(一般診断法による)

 上記以外(精密診断法)の場合は、補助対象経費の3分の2以内(上限額;84,000円)

 【劣化診断】

 60,000円(定額)

5.手続きの流れ

 補助要件の確認及び添付資料のご案内等のため、必ず事前相談にお越しください。(相談にお越しになる際は、必ず事前に予約をしてください。)

太字の部分を申請者に行っていただきます。

  1.事前相談・現地確認調査  
     ↓  
  2.補助金交付申請(申請者→町)  
     ↓  
  3.補助金交付決定(町→申請者)   
     ↓   
  4.片づけ着手~片づけ完了 (申請者)  
     ↓   
  5.実績報告(申請者→町)   
     ↓  
  6.補助金確定通知(町→申請者)  
     ↓   
  7.補助金請求(申請者→町)  
     ↓  
  8.補助金の振込(町→申請者)   

 ※空き家診断事業実施のながれはこちら ⇒ pdfファイル事業のながれ(PDF:189kB)

 

6.補助金交付申請時に必要な書類など

 事前相談終了後、補助金交付申請をされる場合に必要な書類は次のとおりです。

 【共通】

 excelファイル勝央町空き家診断事業費補助金交付申請書(様式第1号)(XLSX:24kB)

 (添付書類)

  1. 建築確認済証・検査済証の写し、その他の工事着手時期が推測できる書類
  2. 申請建築物の登記事項証明書(登記簿謄本)の写し
  3. 申請建築物の付近見取図
  4. 申請建築物の外観写真(2面以上)
  5. excelファイル配置図及び道路関係立面図(別記様式1-2)(XLSX:17kB)(耐震改修促進法第6条第3号の政令で定める特定建築物に該当が有りの場合のみ添付)

 【耐震診断等及び劣化診断の場合】

 wordファイル協会申し込み書(耐震診断+劣化診断)(DOC:51kB)

 【劣化診断のみの場合】

 wordファイル協会申し込み書(劣化診断のみ)(DOC:50kB)

7.実績報告時に必要な書類など

 耐震診断等が完了し、実績報告をされる場合に必要な書類は次のとおりです。

 excelファイル補助事業実績報告書(様式第4号)(XLSX:17kB) 

(添付書類)

  1. excelファイル空き家住宅事業実績明細書(別記様式4-1)(XLSX:20kB)
  2. 契約代金支払い等を証する書類(領収書の写し等)
  3. 耐震診断等、劣化診断の報告書(既存住宅性能評価以外の場合は評価機関による評価書の写しを添えること)

8.補助金の請求

  実績報告書を提出し、町から「補助金確定通知書(様式第5号)」により補助金額確定の通知を受けた場合、wordファイル勝央町空き家診断事業費補助金請求書(様式第6号)(DOCX:18kB)により、町に対し補助金の請求を行って下さい。書類審査後、指定された口座に補助金を振り込みします。 

9 .申請期間

 平成29年4月3日(月)から平成29年11月30日(木)まで

 ※ただし、予算に達し次第受付終了します。

10.注意事項

  1. 補助金申請を行う前に、必ず事前相談をお願いします。
  2. 平成29年12月25日頃までに補助金申請事務手続きを行って頂く必要があります。
  3. 申込みの状況により申請期間中でも早期に受付を終了する場合があります。

 11.要綱

 くわしくは、「勝央町空き家診断事業費補助金交付要綱」をご覧ください。