昭和56年5月31日以前に建てられた建築物は、古い耐震基準で建てられており、地震等の災害が起きたときに倒壊の恐れがあることから、耐震性の向上が求められています。

木造住宅耐震診断補助事業

県の登録を受けた木造住宅耐震診断員が、岡山県木造住宅耐震診断マニュアルに基づいて実施し、目視による外観・内観調査等により、構造計算等を行い、耐震性の診断を行います。

■補助対象の木造住宅

  1. 勝央町内に存する民間のもの
  2. 昭和56年5月31日以前に着工された1戸建ての木造住宅
  3. 構造が丸太組工法又は建築基準法第38条(建築当時)の規定に基づく認定工法以外のもの
  4. 地上階数が2以下のもの

■耐震診断費用及び補助金額

1件(1棟)あたり70,000円【延べ床面積200平方メートル以下の場合】

うち補助金額60,000円、自己負担額10,000円

■耐震診断の流れについて

耐震診断の流れ

  1. 添付書類を添えて、補助金交付申請書を勝央町役場産業建設部へ提出してください。内容審査後、交付決定を通知します。
  2. 勝央町役場より建築士事務所協会へ木造住宅耐震診断員の派遣依頼をします。
  3. 交付決定後、申請者から建築士事務所協会へ診断費用を支払います。
  4. 後日、建築士事務所協会から診断員が派遣され、耐震診断を行います。
  5. 建築士事務所協会から、申請者と勝央町役場へ「木造住宅の一般診断報告書」及び「診断評価書」が届きます。
  6. 補助事業実績報告書提出後、勝央町役場から指定された口座へ補助金を振り込みます。

木造住宅耐震診断補助事業(補強計画)

耐震診断を受けた結果、耐震性がないと判定された場合、補強計画を策定します。

■補助対象の木造住宅

上記耐震診断の補助対象と同じ

■耐震診断費用及び補助金額

上記耐震診断の費用及び補助金と同じ

■耐震診断の流れについて

上記耐震診断の流れと同じ

木造住宅耐震改修補助事業

耐震性がないと判定された木造住宅の耐震改修工事または建て替え工事に補助を行います。

■補助対象の木造住宅

  1. 勝央町内に存する民間のもの
  2. 昭和56年5月31日以前に着工された1戸建ての木造住宅
  3. 構造が丸太組工法又は建築基準法第38条(建築当時)の規定に基づく認定工法以外のもの
  4. 地上階数が2以下のもの
  5. 耐震診断を受け、上部構造評点が1.0未満のもの
  6. 耐震改修工事の計画が上部構造評点が1.0以上の耐震基準を確保されることについて、岡山県の指定する評価機関による耐震診断結果の評価を受けたものであること

■耐震改修の補助金額

耐震改修工事に要する費用の23%の額

※46万円が限度額です。

■耐震改修の流れについて

補強計画等に基づいて、耐震改修工事に関する見積もりの作成を工務店などにご相談ください。

添付書類を添えて、補助金交付申請書を提出してください。

また、耐震改修工事の工事監理者は木造住宅耐震診断員が行うことが必要です。

 

勝央町建築物耐震診断等事業費補助金交付要綱

勝央町木造住宅耐震改修事業費補助金交付要綱