" -[勝央ニュース]-勝央町立 勝央中学校

勝央ニュース

2013年度2012年度2011年度のニュース

勝央中学校 家庭学習時間アップの取り組み

2014.12.17

平成26年度 学力・学習状況調査結果の概要

2014.12.17

個性を伸ばす講座

2014.11.06

平成26年度 全国学力・学習状況調査の結果から

2014.11.01

平成26年9月6日 体育祭

2013.09.06

県総体・中国大会の結果について

2014.08.11

【県総体】

・サッカー 1回戦敗退

・卓球 男子団体 1回戦敗退

 

・剣道 男子団体 3位     


     男子個人 小阪 3位(中国大会出場)  瀬尾 4位(中国大会出場)
    

    女子団体 2回戦敗退


     女子個人 谷本 1位(中国大会・全国大会出場)


 

・柔道 男子団体 1回戦敗退 

     男子個人 三宅 ベスト8        

     女子団体 3位    

     女子個人 [各級] 難波 2位(中国大会出場)

               土井 2位(中国大会出場)

               絹田 3位

【中国大会】

 ・剣道 男子個人 小阪 3位 瀬尾 ベスト8

      女子個人 谷本 1位

 ・柔道 女子個人[各級] 難波1回戦敗退 土井 2回戦敗退

吉備宿泊研修を終えて

2014.05.30

吉備宿泊研修を終えて

5月30日(金)~31日(土)、「国立吉備青少年自然の家」での宿泊研修。両日とも30度を越える猛暑の中、まさに熱い研修となりました。84名の1年生は研修を通じ大いに成長してくれました。

《生徒感想から》

○自然の大切さを実感することができた。また、班の活動では一人ひとりが協力して取り組まないといけないということがわかった。宿泊所の方には大変お世話になった。

○2日とも快晴で汗びしょびしょだった。ペットボトルのお茶やジュースはとても最高においしく感じた。また、行きたいです!!本当に楽しい二日間になって良かったです。友だちも増えたし、仲間との団結力を深めることができたと思う。

○2日間を振り返ってクラスの友だちと協力して研修を成功させることや他のクラスとも助け合っていくということを学んだ。

○私はこの吉備研修があって本当に良かったと思います。この吉備研修で学んだたくさんの大切なことは今後の生活に役立てていきたいです。

○1日目は体を動かすことが多くてとても疲れた。自分勝手な行動をする人が1人でもいたら他の人はとても困ると思う。ルールを守って行動するのは、みんなが楽しくできたりするから、これからもルールを守ろうと思った。そうじで前の団体が残したゴミなどがあったけどそれもきれいにした。楽しかっただけじゃなく、公共施設のマナーや協力することなどいろいろなことが学べてよかったなと思った。

○みんなで協力することは大切なことだと思った。

○班で行動し、協力しながらの作業は絆が深まったと思います。これに高梁中学校の生徒たちにも会って会話ができました。向こうから「こんにちは」と言ってくれる人もいたのでとても気持ちがよかったです。

○協力や助け合い、その中でも仲の良さ、初めての友だちなどが作れました。たくさん交流することによってたくさんの会話ができてあまりしゃべれなかった人とも仲良くできました。さらに頑張りぬくこと

の達成感を感じました。

オリエンテーリング

○3時間20分歩いて、番号が書いてある看板を探して全部できたのがうれしかった。

○はじめはみんななかなかまとまってくれなかったけど、途中からちゃんとまとまってよかったです。

イニシアチブゲーム

○10人以上でやるものはケンカがあったけど仲直りをして、最後には楽しくできたから良かったです。

○衝突することも大切だけど、最後はみんなで協力してスッキリ終わるのも大切だということがわかった。

○知恵の輪のようなゲームをしたときに難しいし、できないから皆があきらめていたときに、先生が励ましてくれたのが印象に残っています。そして最後に先生の「仲間を無視しないでください。」という言葉を聞いて、すごく感動しました。先生のその言葉を覚えておきたいです。

キャンプファイヤー      

そうじ

○点検がすごく厳しいらしいので、ベッドの下もすみずみまで掃除して頑張りました。ほこりが白くて綿みたいで珍しいなと思いました。一発合格だったのですごくうれしかったです。

○自分たちが使ったところだから、最初のときよりきれいにしておくのがいいなと思った。

野外炊事

○野外炊事では「食」についての大切さを学びました。今ではボタン1つでご飯が炊けますが、昔の人は自分たちで火をつけてご飯を炊いていたのでご飯を炊くことの苦労がこの野外炊事で学ぶことができました。片付けのときも直接火にかけたので、すすがついて真っ黒になった鍋をピカピカにしないといけないので、後片付けの大切さも学べました。同時に料理の勉強もできたので印象に残りました。

○野外炊事ではすごく疲れました。火がとても熱くて、思うように調理できなくて難しかったです。一生懸命作ったカレーだったのでとてもおいしかったです。

○ご飯がこげてしまってカレーの中に新聞紙が入ってしまったりもしました。それでもみんな一人一人が頑張って作ったビーフカレーは一番おいしかったです。だから、友だちとの協力は成功につながるだけでなく、大成功につながることもあるということがわかりました。

○自分たちでカレーを作るために、協力が大切です。協力ができなければ、カレーは作れなかったと思います。

○大変なのは片付けです。鍋のすすをきれいに落として先生に見せるのですが、鍋のふたの隙間に入っている汚れもちゃんと落とさないと丸にはなりません。クレンザーやたわしを使ってようやく丸がもらえました。でも、ほかの先生が来てもう一度点検したらまだ汚れていたところがあったのでちょっとの汚れでも見つけて指摘しなければならないので大変だと思いました。この野外炊事を体験して思ったことは料理を作ることは大変だと思った。それを毎日しているお母さんには改めて感謝しなければならないと強く感じました。

修学旅行終わる

2014.04.25

3年生の修学旅行が無事終わりました。平和について考えたり、仲間との絆を深めたり、有意義な、そして思い出に残る楽しい3日間でした。

4月25日(金) 1日目

集合時間は6時でした。サッカー場で点呼が始まりました。出発式の後、全員揃ってバスで出発。教頭先生を始め、他学年の先生方も見送って下さいました。伊丹空港から那覇空港に到着しました。 

飛行機内で昼食をとって「ひめゆりの塔」、資料館を見学しました。つづいて平和祈念公園に行き、平和祈念堂で平和祈念集会を持ちました。実行委員あいさつ、みんなで折った折鶴献納、黙祷のあと平和宣言文が読まれました。


○首里城公園では、少し雨が降っていました。琉球王国の栄華の証を訪ねました。ここでお土産を買った人もたくさんいました。



○ホテルに到着し、夕食のバイキングを楽しみました。ホテル到着後の素早い行動はとてもすばらしかったです。体操服に着替えるのも早く、必要な持ち物を持って時間通りに食事会場に集合ができました。

つづく平和講演会では、中村恵昭さんのお話を聴きました。上原さんは17歳の時、海軍の航空兵として志願されました。沖縄戦についてたくさんの資料や地図を示しながら私たちに平和の大切さを話して下さいました。貴重なお話を生徒たちは真剣に聴いていました。お礼の島唄も大きな声で歌うことができました。

○ 入浴後は1日目の平和学習を中心にしおりに感想や行動日記を書きました。



4月26日(土) 2日目

前日の疲れがとれていない人もいましたが、朝の身支度や荷物の整理、部屋の片づけが早くできました。ホテルを出発し、海洋博公園に行きました。イルカショーを見る人やビーチにいく人もいました。美ら海水族館の見学は自由行動でした。みんな自分の興味があるところをじっくり見学していました。中でも人気があったのは「ジンベエザメ」です。

海洋博公園をあとにし、本部町に行きました。ここで民泊の入村式をしました。生徒たちはそれぞれの民家さん宅に連れて行ってもらいました。その日は本部フェスタという行事があり、そこに連れて行ってもらった人もいました。海に行った人や、サーターアンダギー作りを体験した人もいました。



4月27日(日) 3日目

いよいよ最終日となりました。民泊の修了式をしました。別れを惜しむ姿が至る所で見られました。「民泊が最も印象的だった」という生徒はたくさんいると思います。お礼に歌った島唄は、海から吹いてくる風に乗って地上に広がっていきました。

おきなわワールドに行きました。エイサーの見学をしました。とても迫力のあるステージでした。全身を使い、躍動感ある踊りに感動しました。ステージのあとは、最後の買い物を楽しみました。みんな残金を計算しながら、よく考えて家族などにお土産を買っていました。

那覇空港に向かいました

伊丹空港に到着し、解散式をしました。全員無事に帰ることができてほっとしました。

校長先生からは「この3年生なら大丈夫だ。」とほめていただきました。添乗員の大村さんからは「先生が『しおりを見て行動しなさい』と言われたら、約束を守り、スムーズに行動する、こんな学校は初めてです。」と言っていただきました。萩原先生からは「今日家に帰ったら、『○○が楽しかった』ということと、『ありがとう』とお家の人に言おう」という話がありました。

この3日間、先生たちの指示がなくても、しおりを見て素早く行動出来るなど、成長がみられる場面がたくさんありました。狭い場所に集合、待機する時も、静かに落ちついていました。この旅行が「楽しかった」だけで終わらないように、今後の3年生としての学校生活を大切にしていってほしいです。

第68回入学式

2014.04.09

桜の花満開の4月9日に入学式が行われ84名の新入生が勝央中の仲間に加わりました。凛とした落ち着いた雰囲気の式で、担任の先生の呼名に対し、元気よい返事が体育館に響きました。

校長先生の話から

ソチオリンピックで金メダルを期待された浅田真央選手はまさかの16位という出だしでしたが、たった一晩で気持ちを立て直し、フリープログラムではすばらしいスケーティングで驚きと感動を与えてくれました。最後まであきらめない気持ちと支えてくれているすべての人への感謝の気持ちが大切です。

小学校6年間で大きく成長した君たち、中学生として今日がスタートです。人としてさらに成長してください。「うまくできること」よりも「一生懸命に取り組むこと」が大切です。何をなすべきなのかしっかり考えて行動しましょう。

誓いのことば

中学校生活の一端を紹介し、わからないことがあったら遠慮せず聞いてくださいとの先輩の歓迎のことばの後、感謝の気持ちを持ち、仲間を大切にし、何事に対しても懸命に取り組むと決意する力強い新入生の誓いのことばが体育館に響きました。

       

戻る ページトップへ