学校長より

 

     
             ようこそ、勝央中学校のHPにお越しいただきありがとうございます。
          校長の光井一恵です。
         「笑顔あふれる活気のある学校づくり。認めあい、支えあい、学びあい、高めあう生徒の
          育成」を目指して、次のような目標を立て、教員一同力を合わせ頑張ってまいります。
            勝央中学校の生徒が、「自分たちの学校として誇りが持て、勝央中生徒でよかったと思え 
          る学校」にしたいと思っています。


Ⅰ 校訓

自主
正しく判断し、主体的に考え進んで取り組む生徒
協和
他を尊敬し、思いやりをもって協力する生徒
創造
よく考え、創造工夫をする生徒

Ⅱ 学校教育目標

自ら考え判断し、心豊かでたくましく生きる生徒の育成

Ⅲ 本校のミッション(使命、存在意義)

Ⅳ ミッションの追求を通して実現しようとする本校の学校経営ビジョン(将来像、目指す姿)

1 目指す学校像

(1)秩序とリズムのある学校 : 規則を守り、挨拶や適切な言葉遣いができる。
(2)活力と実力のある学校 : 授業・生徒会活動・部活動に活気があり、意欲的に取り組む。
(3)環境に潤いのある学校 : 清掃がいきとどき、整理整頓されている。
(4)地域に開かれた学校 : 地域に情報発信するとともに地域の教育力を生かす。

2 目指す生徒像

(1)自ら学び考え判断し、勤労と責任を尊ぶ心豊かな生徒。
(2)集団の中の個を自覚し、他を尊重しながら協力できる生徒。
(3)一人一人が輝き、自ら課題を見つけ創造的な生き方ができる生徒。
(4)自分の目標に向けて一生懸命努力する生徒。

3 目指す教職員像

(1)生徒とともにある教職員 :生徒とともに活動し、気持ちを聞きながら指導する。
(2)背中で指導する教職員 :指導力をつけるために自分を磨く姿勢を持つ。
(3)社会性のある教職員 :良識ある社会人としての判断・行動ができる。
(4)組織力のある教職員集団 :報告・連絡・相談が密になされ、連携のとれた教職員集団である。

Ⅴ 今年度の具体的な目標

1 確かな学力の育成

(1)基礎基本の徹底と確かな学力の伸長 ~学習規律の定着、授業の工夫改善~
(2)学習意欲の向上と家庭学習の習慣化 ~授業の工夫改善(協同学習)、課題の工夫、家庭との協力~
(3)個性を伸ばす教育の充実         ~少人数授業の改革推進~
(4)放課後学習の実施            

2 豊かな心の育成

(1)心の教育の充実 ~体験活動の推進、ピアサポート・SELの取組~
(2) 道徳教育や人権教育の充実 ~道徳の時間の充実、指導の機会を逃さない~
(3)自尊感情の高揚~良さを認め合う取組み~
(4)生徒指導の充実 ~基本的生活習慣の確立、アセスの活用~

3 健康な体の育成

(1)健康と体力の向上

4 特別支援教育の充実

(1)生徒の実態をより詳しく把握し、個に応じた教育を推進

5 信頼される学校(誠意ある対応と教育内容の充実)

(1)開かれた学校づくり ~学校運営協議会との連携

(2)地域在住の豊富な人材を活用 ~学校支援地域本部との連携

(3)PTA活動の推進 

(4)危機管理の徹底 ~報告・連絡・相談・確認・返しの徹底

(5)教育公務員として自覚の高揚

戻る ページトップへ