■手続き概要

町税に関する証明・閲覧事項は、個人や法人の秘密に関わるものです。そのため、原則として納税義務者、固定資産の所有者など本人以外は、証明書の交付や課税台帳の閲覧をすることができません。(訴訟物件、借地借家物件等に関する証明等、取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくはお問い合わせください)

■詳細内容

≪申請に必要なもの≫ 

◆窓口に来る方が本人の場合 

  ・申請者(本人)の印鑑及び運転免許証や健康保険証等、本人 

   の確認ができるもの(ただし、相続人が申請者となる場合はこ 

   れらの他に相続関係のわかる戸籍謄本等の写しが必要となります) 

◆窓口に来る方が代理人の場合 

  ・本人(証明の必要な人)が署名、押印した委任状、又は本人の印鑑 

  ・申請者(代理人)の印鑑及び運転免許証や健康保険証等、申 

   請者の確認ができるもの 

◆法人の証明書の場合 

  ・法人の代表者印、又は法人の代表者が押印した委任状 

  ・申請者(代理人)の印鑑、及び運転免許証や健康保険証等、 

   申請者の確認ができるもの(名刺等) 

◆郵便で請求する場合 

  証明窓口に行くことができない方は、郵便でも請求ができます。便箋に次の必要事項を 記入し、運転免許証等のコピー、返信用封筒、定額小為替による証明手数料を同封してください。 

  ・記入項目 

    証明書の種類 

    証明する年度 

    証明書の枚数 

    住所(現住所が市(町村)外の場合は、在住時の住所も記入すること。) 

    氏名(押印すること。) 

    生年月日 

    電話番号 

    (問合せする場合があるので、日中に連絡がつく電話番号を記入すること。) 

    使用目的 

    返信用封筒(現住所、氏名を記入のうえ、80円切手を貼付すること。※証明書3通程度の場合) 

    定額小為替(証明書の種類と手数料を確認して封入すること。)     

 

■手数料

1通につき200円 

■申請届出様式

様式をダウンロードして印刷などが可能です。必要事項を記入の上、受付窓口に提出してください。

 

pdfファイル「証明書交付申請書」をダウンロードする(PDF:108kB)