バンダイナムコグループの「ガンダムプロジェクト」が企画する「ガンダムマンホールプロジェクト」から勝央町に寄贈された「ガンダムマンホール」の設置工事が5月22日に完了し、町内2ヵ所で観覧できるようになりました。


 「ガンダムマンホールプロジェクト」により寄贈されたマンホールは、『機動戦士ガンダム』に登場するRX-78-2 ガンダムとMS-06F ザクⅡの2種類。
 マンホールの背景には、旧勝田郡役所と植月の角土俵をそれぞれデザイン。加えて、町の特産である桃やぶどうを配置し、勝央町らしさがアピールされています。
 

 

マンホール設置場所

どなたでも自由にご覧いただけますので、ぜひお越しください。

画像1 画像1

画像2

▲RX-78-2 ガンダム 勝間田駅屋外待合スペース(勝田郡勝央町勝間田765-3)

 勝間田駅の駐車スペースには限りがあります。鉄道(JR姫新線)での来場もぜひご検討ください。

 

画像1 画像3 画像4

▲MS-06F ザクⅡ  勝央緑地運動公園内(勝田郡勝央町太平台43)

 

 

 マンホール蓋をご覧になる際は、周囲の状況等に注意し、安全にお楽しみください。また周辺(近隣)の方への迷惑行為は厳に謹んでください。

「マンホールカード」の発行について

 「ガンダムマンホール」の設置を記念し、勝央町ではマンホールカードの発行を予定しておりますが、発行(配布)時期は未定です。

 配布開始時期等が決まりましたら、このページで公表いたします。

 

 

 

※「ガンダムマンホールプロジェクト」とは、『機動戦士ガンダム』シリーズに登場するキャラクターやモビルスーツなどがデザインされたマンホール蓋「ガンダムマンホール」を全国のさまざまな場所へ設置する取り組みです。
 バンダイナムコグループは、地方自治体と協力し、国内の活性化を図るとともに、世代を超えたガンダムファンの皆さまとガンダムとの絆の証にしていきたいと考えています。